消し込みの業務を依頼しよう!業者を頼むメリット

消し込み業者に依頼することで、効率が良くなりコスト削減になる!

消し込みの方法を比較しよう

自社で管理

消し込みを自社でやることで、正確性があります。面倒な作業ではありますが、とても大切な作業なので、自社で作業する方が良いと考える人も多くいます。

業者に依頼

消し込みを業者に依頼することで、効率的に作業をすることが出来ます。売上データや入金データなど作業をやってもらうことが出来ます。また、大変な作業を依頼することで、残業などを解消することも出来ます。

消し込みで起きやすいトラブル

no.1

顧客番号入力忘れ

銀行振込をする際には、顧客番号、注文番号、入金データを人が入力し管理しなればならないため、顧客番号などの記入漏れのトラブルが発生することがあります。人によって入力するので、消し込みのトラブルで最も起きやすいと言われています。

no.2

振込人カナが別名

振込の確認をする際には「振込人カナ」がとても大切になります。購入した商品と入金をしたお客様を一致させる為に必要な情報なのですが、購入者データが別名で入金されている場合があります。顧客番号に続き多いトラブルです。

no.3

入金遅れ

入金遅れも多いトラブルです。期限内に入金の確認ができなかったり、入金ミスが発生する場合があります。期限をしっかり確認しておくことが大切になります。

no.4

入金額の間違え

振込をする際はお客様が金額を入力するので差額が出るトラブルが発生します。なので、入金する際には注文金額との突合わせをすることができないため、事業者様は注文金額と入金金額に間違えがないか確認する必要があります。

no.5

同性同名

稀なトラブルですが、商品の購入者が同姓同名の人がいる場合があります。通常は、名前を手掛かりに購入品と振込人を一致させていますが、同姓同名がいる場合には、注文状況などを確認して判断する必要があります。

消し込みの業務を依頼しよう!業者を頼むメリット

婦人

消し込みとは?

消し込みは売掛金や買掛金が請求通りに入金されているかの確認をする大切な作業です。なので、毎月莫大な数の作業をこなさなければなりません。そんな面倒な作業を効率良く行う為に、消し込みサービスというサービスがあります。業務の効率化や経費削減をするために消し込みサービスについて確認してみましょう。

手間が省ける

消し込みは業務内容が増えるほど、トラブルが起こりやすくなります。しかし、消し込みサービスを利用すると、業者が入金管理を行なってくれるので、手間のかかる入金状況の確認をする必要が無くなります。また、入金遅れや入金ミスを見つけることができ、迅速に対応することも可能です。サービス業者は消し込みの正確性も高いので安心して任せることが出来ます。

キャリアアップに繋がる

消し込みのサービスを利用することで、業務の軽減だけでなく、コスト削減や残業時間削減をすることが出来ます。また、消し込み作業に追われないことで、ほかの作業をすることができ、キャリアアップに繋がります。

広告募集中